2000万問題について思うこと。

この頃ニュースや紙面を賑わせている老後2000万必要問題。冷静に計算すると2000万どころじゃないワケなのですが、それはさておいて一般ピーポーの投資への関心を高めるのに一役買っているようです。

ですが、そうなると今度は世の常でそういった無垢な人たちを食い物にして骨の髄までしゃぶりつくそうとする悪い大人たちがいっぱい出てくるわけです。

アホみたいに高い手数料、信託報酬の商品をすすめて売りつけてくる、不動産なら排泄物よりも価値のないワンルームを売りつけてくる、月利〇%で儲かる!などという正体不明の投資の勧誘…枚挙に暇がありません。ここ最近の金融トラブルのニュースや騒動を見る限り、業者はともかくとして銀行なども我々のようなカモに何を仕掛けてくるのか分かりません。周りは全て敵だと思うぐらいが丁度いいのではないのでしょうか。

投資はもちろんやりながら覚えていくことも必要ですが、それ以前の問題として最低限の知識ってのはやっぱり必要だと思いますね。金融や投資の知識ってのは本当に学校で必修科目として教えるべき科目だと思います。まあそれをすると都合の悪いという人たちがいっぱいいるのでしょう。

ガンガン稼ぎまくろうぜ。仮想通貨全ブッこみよ。

死んどけ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。