手術をしてもいい患者、してはいけない患者

ワタシのやっている手術ってのは言ってみれば「病気を治すための手術ではない(カントンとか真性包茎だと保険適用にもなるためその限りではありませんが)」ということになります。つまり、必ずしもしなくてはならない手術ではないということです。

クリニックに来院する患者というのは様々で、中にはこれは手術をしても大丈夫だろうか?という人もしばしば来られます。例えば

  • ペニスがほとんど見えなくなるレベルで脂肪に埋もれる
  • 糖尿病などの厄介な既往歴を持っている
  • 尿道周囲に癒着などの懸念事項がある

といったのが代表的です。

自分の考えとしては、手術それ自体よりも術後の管理というものに重点を置いています。いくら手術で綺麗に仕上げてもその後のケアが杜撰だったりすると綺麗だったキズアトがシッチャカメッチャカになってしまいます。それ故に、術後の正しい管理が確約できない状態に対しては手術をするべきではないと思っています。

これが例えば「手術をしないと命に関わる状態」「一刻も争う状態」であれば既往歴などは二の次になるのですが、いかんせん我々のやる手術というのは緊急性のないものですので、そこは一歩引いた状態から考えるというスタンスです。

脂肪にペニスが大部分埋もれる状態というのは術後の管理が非常に難しいです。包帯がある程度でも巻ければまだいいのですが、完全に埋もれる状態であればあえて危険を賭して手術をすべきではないと思います。

糖尿病のような既往歴を持つ患者には細心の注意を払います。糖尿病の創の治療に関わったことがある医師ならお分かりだと思うのですが、一般の方が思っているよりもズッッッっと傷の治りが悪いです。それはたとえ血糖のコントロールが良くてもです。なのであえて積極的には手術なんかはしません。いくら金を積まれても嫌です。あとが面倒なので。まあ詳しくはグーグルかなんかで調べてみてください。

尿道周囲ってのは非常にデリケートなゾーンで、ここは迂闊に手を出すべきではないと思っています。泌尿器科の専門病院にでも行ったほうがいいと思います。

まあ他にもイロイロとあるんですが、長々とまじめくさった文章書くのも疲れるのでこんなところにしておきましょう。

自由診療ってのはえてして営利優先のように考えられがちなのですが、医師としては患者に安全な手術を提供するというのがとにかく前提としてあるべきだと思っています。腐っても医師ですから。

オレもたまには真面目な事いうのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。