オレの新しい銘柄。

もうすぐ7月もあっという間に終わりそうになりました。子供は夏休みにはいっておりまして、家に一日中いるので妻も大変そうです。子供の夏休みの宿題もちゃんと見てあげます。ちなみに私は教育熱心ですが、むやみやたらに強制はしないタイプです。

今回、ポートフォリオに新しい銘柄を追加しました。

  • J-REIT [3455]ヘルスケア&メディカル投資法人
  • ETF [BND]バンガード・米国トータル債券市場ETF

の2本です。

[3455]ヘルスケア&メディカル投資法人

ヘルスケア&メディカル投資法人ちゅうのはJ-REITになります。その名の通り、老人ホームとか病院みたいなヘルスケア施設に完全特化したREITです。分配金利回りは現在5.23%とそれなりに高いです。

チャート画像

ここ最近はリート全体が上昇気味なワケで、コイツもじわじわ上がってます。まあ正直その辺の分析なんてのは詳しい人のを見てもらえればいいのでシロートの自分がグダグダここと講釈を垂れるつもりはありません。コイツこういうの買ってるンだな、ってのが分かってもらえればそれでいいです。ちなみに医者だからってこういうリート買ってアピールしてるってワケでもありません。むしろ医者のクセに全く詳しくないので恥ずかしいくらいです。

もともと保有しているリートは[8961]森トラスト総合リートと[3296]日本リート投資法人の2つで、それぞれ大型と中小型のオフィス中心のリートですんで、今回少し毛色の違ったヘルスケア特化型のリートも持ってみるかって感じで買ってみました。分散になってるのかどうか知りませんけど、まあとりあえず様子見ていきます。

[BND] バンガード・米国トータル債券市場ETF

債券のETFとしては有名どころになるBNDです。優等生的な感じですね。今までほとんど株式一辺倒みたいな感じだったんですが、今後大きく市場が落ち込むことがどうしても避けられないと考えると、そのダメージを和らげるのにやはり債券的なやつを組み込んでおくってのもアリなんじゃないかと思いました。結局ドル建てになるんで為替リスクみたいなのは常につきまとってくるんですが、そこはまあご愛嬌ということで。

10年のチャートでこんなもんですからまあ債券って感じですね。10年ぐらいまでの短期~中期の債券メインで構成されております。債券てのは金利が下がると上がり、金利が上がると下がるってーモンらしいんですが、近々アメリカの利下げとかも強くウワサされてるんでどう絡んでくるか注視が必要ですね。現在の配当利回りは2.81%です。日本の国債とかに慣れてるとアメリカの債券の利回りってスゲー高く見えますよね。そもそも米ドルのMMFで2%ぐらいありますしね…

ダリオの提唱している全天候型ポートフォリオとかだととかく債券比率をかなり取ります。株式のリスクが債券の3倍あるからとかなんとかって言ってましたが、まあなるほどな~って感じですよね。そこを全部マネるつもりはないですが、来るべきリセッションに備えて債券やキャッシュの比率を高めておく考え方は大事だと思います。自分はリーマンショックの時には多少なりとも投資に足を突っ込んでいたんですが、やはりああいうアレは厳しいですよね。耐えきれるメンタルを持ってる人ってのはなかなかいないんじゃないかと思います。

と、いうことで毎月ポートフォリオこねくり回しながらいろいろ考えていきたいと思います。

そろそろ激しい戦いが始まりそうな予感がするぜ。

おちまい💛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。